修理例

「スポーツ店で修理不可能と言われました。」そのようなグラブでも徹底的に修理してみせますよ!

オーバーホールその1

ミズノ硬式用グラブ

このグラブもスポーツ店で修理断られたものです。革の劣化が激し過ぎましたが、無事完成しました。

分解、特殊洗浄、内外十か所以上破れ修理、指カバー追加、指掛け紐補強、ウェブも含めてヘリ革総替え、補色、アタッチメントグリス交換、レース総替え、型付け、磨き上げ、とオーバーホールはかなり手がかかります。この写真の後、カラーオイルでの補色では追いつかない革の色落ちを抑えて仕上げてますが、写真撮り忘れです。。。

軟式用を硬式仕様へ!

中学軟式野球部で2年間使った軟式用グラブを高校硬式に使用する為にカスタマイズします。

解体、クリーニング、手入れ部殺菌消臭(同時に黒にカラーリングも)、ポケット破れ補修2か所、革入れ補強、アタッチメントグリス交換、総レース交換、保革、補色、型付け、磨き上げでバッチリ仕上がりました!

こちらの選手は中学では外野手でしたが、高校では監督がどこのポジションを指名するかわかりません。

まずは使い慣れたグラブで練習し、ポジションが決まってから新しいグラブを買われても遅くありませんよ!

新しいグラブを買ったらこちらのグラブはサブグラブとして大事に使いましょう!

 

▲このページのトップへ