湯もみ型付け

お問い合わせ 090-2584-0109  

※お電話の際には必ず「グローブの件で」とお伝えください。

当工房で預からせて頂いたグラブは、どんな小さな修理でもブラッシングをサービスで致します!グラブ全体、指と指の間、レースとレースの間、手を入れる部分など細かいところまでの砂や泥を落としてまた気持ち良くグラブが使用出来ますよ!

型付け前 (Before)

型付け後 (After)


湯もみ型付けとは、新品のカチコチのグラブをお湯に付けてその場で一旦革の柔らかくし、関節部分を中心に揉んだりグラブハンマーで叩いたりして柔らかくし型を付けていきます。

 

グラブを預かり、使用ボールの確認をし(軟式野球A・B・C球、(2018年以降はM・J球)、硬式野球、ソフトボール(1・2・3号))、どの様にな型にするか相談して決めていきますが、野球を始めたばかりの初心者の方で型付けが良くわからないと言う方の場合はポケットを深めにしてまずは捕り易い状況に型付けをしていきます。

型の付け方も色々ありますので、一番良い方法は、今まで使っていたグラブと新品のグラブを預けて下さい。同じように型を付けていきます。

 

こちらでの型付けは完成の9割ほどとお考え下さい。あとの1割はご自身が手にはめてキャッチボールでその方の手に馴染んだ状態が完成の状態です。

 

新品でなくてもしばらく放置されていてペチャンコになったグラブの型付けの時もやる場合もあります。その場合はグラブの状態を見て判断していきます。

ジュニア用や軟式用グラブの場合は湯もみせずに型付けする場合もありますが、それも現物を見てからこちらで判断します。

 

野球からソフトボールに変わったけど、まだこのグラブを使っていきたいといった場合も型の付け直しをされた方がいいですよ!

※一つのグラブで野球とソフトボールを併用するのはお勧めしません。ソフトボールで使用しているとポケットが大きくなって、いざ野球に行った時はグラブの中でボールが遊んだり、ポロリの原因となりますよ!

 

小学生の時はソフトボールをしていて、中学生になったら野球部に入る方で、まだ使える愛着のあるグラブは型の付け直しをお勧めします。硬式を始める場合は革入れ補強をお勧めします!

 

当工房では、湯もみ型付け後、丁寧に保革オイルを塗って磨き上げをしてからお引渡しします。

 

※革をお湯に付けるという作業性質上、シミが若干出る場合がありますので御了承下さい。

 

湯もみ型付け  軟式用3240円~、硬式用4320円~ ミットは+1080円になります。

湯もみ型付けは乾燥の時間が要りますので、納期は1週間は見ていて下さい。

※冬場や梅雨時期は乾燥に時間がかかる場合があります。

 

▲このページのトップへ